Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊活と不妊治療に関する調査結果が公開される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊活と不妊治療に関する調査結果が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査対象は20代から40代の働く男女
メルク(Merck)の日本法人であるメルクバイオファーマ株式会社が、2019年4月に実施した「第3回 妊活(R)および不妊治療に関する意識と実態調査」の結果を2019年6月20日付けのプレスリリースで公開した。

メルクバイオファーマ
2019年4月12日から2019年4月15日にかけて実施された「第3回 妊活(R)および不妊治療に関する意識と実態調査」は、事前調査は20代から40代の男女23237人が対象。

本調査は妊活経験があり従業員300人以上の企業で働いている男女300人と、従業員300人以上の企業で人事を担当する男女200人が対象となっている。

30代の3割が不妊に悩んだ経験あり
調査結果によると、20代から40代の働く男女の24.1パーセントが不妊に悩んだ経験を持っており、特に30代では男女ともに約3割の人が「不妊に悩んだ経験あり」と回答している。また、妊活経験がある人の約半数にあたる46.6パーセントが不妊治療を経験していることがわかった。

妊活で異動や退職をした女性は男性の6倍以上
勤務先に妊活助成制度があると回答した人はわずか2割(21.8パーセント)。

「妊活助成制度がない」「わからない」と回答した人のうち60.6パーセントが制度は必要であると回答しており、妊活助成制度が強く望まれていることがわかった。

また、妊活助成制度がない企業で妊活のために異動や退職をした女性は16.4パーセント。男性(2.6パーセント)の6倍以上という結果となった。

(画像はメルクバイオファーマ株式会社公式ホームページより)


外部リンク

メルクバイオファーマ株式会社公式ホームページ
https://www.merckgroup.com

メルクバイオファーマ株式会社のプレスリリース/共同通信PRWire
https://kyodonewsprwire.jp

Amazon.co.jp : メルクバイオファーマ に関連する商品



  • 早発卵巣不全と睡眠の質、疲労蓄積には関係がある(7月20日)
  • 妊娠期の食事において食物繊維は重要である(7月19日)
  • 【東大阪市】当事者同士で語りあうイベントが開催(7月19日)
  • 食事と運動では妊娠糖尿病リスクを軽減できない(7月19日)
  • 不妊カウンセラーが教える「妊活に役立つ書籍」(7月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->