Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

少量の飲酒であっても胎児の健康に悪影響を及ぼす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























少量の飲酒であっても胎児の健康に悪影響を及ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期における飲酒の危険性
国際的な研究チームは、「Chaos」にて、妊娠期において、少量のアルコール摂取であっても胎児脳に悪影響を与えると発表した。

妊娠期の母親が習慣的にアルコールを摂取した場合、胎児性アルコール症候群(FASD)を引き起こす。

アルコール
胎児性アルコール症候群とは
胎児性アルコール症候群は先天性疾患であり、ADHD(注意欠陥多動性障害・注意欠如多動性障害)など神経疾患の要因になるといわれる。

母親の子宮内にてアルコールに晒されることにより、胎児脳に生物学的変化をもたらす。脳の結合(シナプス)が変化し、認識能力が損なわれる。

妊娠期のアルコール摂取量と胎児脳の発達における関係性
研究チームは、胎児性アルコール症候群の胎児19人と胎児性アルコール症候群でない胎児21人を対象に、妊娠期のアルコール摂取量と胎児脳の発達における関係性を検証した。

画像化技術である脳磁図(MEG)を用いて胎児脳の複数領域を撮影し、胎児性アルコール症候群の胎児、胎児性アルコール症候群でない胎児の認知能力を比較した。

これまでの技術では、脳磁図にて撮影した脳画像により、脳回路を分析することは不可能であった。今回、研究チームは、コンピューター技術「時空間複数双極子推定」を発展させ、脳磁図の画像を通して問題のある脳領域の特定に成功した。

胎児性アルコール症候群の胎児は、母親の子宮内にてアルコール曝露を受け、脳梁(のうりょう:左右の大脳半球を繋ぐ脳組織の太い束)の結合に問題が認められた。脳梁の欠陥は、統合失調症、多発性硬化症、自閉症、鬱病、知覚異常の要因であるといわれる。

研究チームは、妊娠期のアルコール摂取は少量であっても胎児脳に悪影響を及ぼし、認知領域の広範囲が損傷を受け、認知能力が損なわれ、さらには二次障害をも引き起こすと結論づけている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

AIP
https://publishing.aip.org/


Amazon.co.jp : アルコール に関連する商品



  • 妊娠タイミングを選択できる可能性が広がる(9月20日)
  • 働きながら「人工授精」をする際の注意点(9月20日)
  • 妊活中の「親戚トラブル」対処法教えます(9月20日)
  • 「大学病院」の研究チームによる連載がスタート(9月20日)
  • オピオイド鎮痛剤は男性のテストステロン量を減少させる(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->