Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

手術中に発生する煙や放射線により女性不妊リスクが高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























手術中に発生する煙や放射線により女性不妊リスクが高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性外科医と女性不妊リスク
メイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)は、手術中に発生する煙および放射線の曝露により、女性の外科医は、女性不妊リスクが増すと発表した。

これまで、女性の外科医は、手術室内に充満した煙や放射線に晒され、健康リスクが伴うといわれてきた。しかしながら、メイヨー・クリニックは、現在なおも対策は不十分であり、女性不妊をはじめ、手術に伴う健康リスクを軽減する策を講じる必要性を指摘する。

女性外科医
手術で発生する化学物質により妊娠・出産リスク
手術では有害な煙および放射線が発生し、手術室内に充満する。女性の外科医は、手術中に25種類の化学物質を吸い込み、外科医以外の女性と比べ、女性不妊、低出産体重児・早産などの妊娠・分娩問題が引き起こるリスクが高まるという。また、第一子を妊娠する年齢が高く、第一子の妊娠成立までの妊活期間が長くなる傾向が認められた。

2012年に実施した調査によると、一般的な第一子妊娠年齢は平均26歳であったのに対して、女性の外科医の場合、第一子妊娠年齢が平均33歳であった。

手術に伴う不妊リスクに加え、ストレスの多い職場環境が、妊活を始めてから妊娠が成立するまでの期間を長引かす要因になる。女性外科医では、一般的な女性と比べ、妊活期間が3倍増になると報告されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Mail Online
https://www.dailymail.co.uk/

SOUND HEALTH and Lasting Wealth
https://www.soundhealthandlastingwealth.com/

SkyStatement
https://skystatement.com/

Amazon.co.jp : 女性外科医 に関連する商品



  • フタル酸ビスは分子レベルの生殖的異常を引き起こす(1月20日)
  • 低脂肪食は男性のテストステロン量を減少させる要因に成り得る(1月20日)
  • 妊娠期の深刻なストレスは子供の脳発達を妨げる(1月19日)
  • 大阪市のクリニックが「妊活セミナー」を開催(1月17日)
  • 母親の腸内細菌が子供を感染症から守る(1月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->