Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ピペロニルブトキシドは先天性欠損に影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ピペロニルブトキシドは先天性欠損に影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
化学薬品の危険性
ウィスコンシン大学マディソン校の研究チームは、「Environmental Health Perspectives」(10月23日掲載)にて、マウスを用いた動物モデル実験より、化学薬品ピペロニルブトキシド(PBO)が先天性欠損リスクを高めると発表した。

先天性欠損
ピペロニルブトキシドとは
ピペロニルブトキシドは共力剤として、家庭用および農業用殺虫剤に使用される。薬剤自身は薬効を示さないが、殺虫剤と混合して用いると殺虫効果を著しく高める。

また、ヘッジホッグシグナル伝達経路にも確認されている。ヘッジホッグシグナル伝達経路は、特に、重要な成長初期段階の遺伝経路であり、ショウジョウバエからマウス、ヒトに至るまでいたるまで存在する。

マウスの成長初期段階における干渉
研究チームは、ピペロニルブトキシドがヘッジホッグシグナル伝達経路に干渉することを突き止め、今回、マウスを用いた動物モデル実験を行い、マウスの成長初期段階における干渉を検証した。

子マウスの成長において重要な段階、成長初期段階に妊娠期の母マウスをピペロニルブトキシドに晒したところ、口唇口蓋裂から深刻な奇形まで幅広い発達異常が生じた。

ピペロニルブトキシドが先天性欠損を引き起こすメカニズムは解明されず、ピペロニルブトキシドによる先天性欠損は少ないが、研究チームは、健康に悪影響を及ぼすと断言する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY of WISCONSIN-MADISON
https://news.wisc.edu/

Amazon.co.jp : 先天性欠損 に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->