Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠初期の合併症を診断
アメリカ国立衛生研究所は、「Journal of Magnetic Resonance Imaging」にて、胎盤イメージング手法である「pCASL MRI」により、妊娠初期に生じる合併症を診断できる可能性があると発表した。

「pCASL MRI」(MRI 装置を用いて血流画像を得るための撮像技術であり、ASL造影剤を使わずに脳血流評価が行える手法)を用いたところ、胎盤の血流が減少し、妊娠合併症を発症する可能性がある女性を特定できた。

「pCASL MRI」は新たな胎盤イメージング手法であり、母体の血流を胎盤まで追跡する。胎盤の画像法とは異なり、「pCASL MRI」は母親の血液と胎児の血液を区別できる。

合併症
胎盤への血液供給量と虚血性胎盤疾患における関係性
研究チームは、妊娠期の女性69人を対象に、「pCASL MRI」を用いて妊娠14週から18週および妊娠19週から24週に胎盤を撮像した。

妊娠初期では、子宮動脈が拡張し、母体の血液供給は増す。血管が十分に拡張できなかった場合、妊娠合併症の発症リスクが高まる。今回の研究では、妊娠合併症を虚血性胎盤疾患(IPD:子癇前症、子宮内発育制限、早産など)として分類した。

妊娠期の女性15人は、最終的に、IPDにおける条件のうち1つ以上に当てはまると識別された。IPDの女性は、IPDでない女性と比べ、胎盤への血液供給量が減少することが認められた。

研究チームは、今回の研究結果が立証された場合、妊娠初期におけるIPDリスクの診断が可能になると考える。

(画像はNatinal Institutes of Healthより)


外部リンク

Natinal Institutes of Health
https://www.nih.gov/

Amazon.co.jp : 合併症 に関連する商品
  • 妊娠期の母親の腸内微生物叢が健全な胎児脳の発達を促す(10月1日)
  • 妊娠期のアルコールとニコチン摂取は子供の健康リスクを高める(10月1日)
  • 福島県で「不妊セミナー」が開催される(9月30日)
  • 妊娠期のインフルエンザ感染によって深刻な周産期合併症を誘発する(9月30日)
  • 「卵巣・子宮・甲状腺」と不妊治療に関する分析結果が公開される(9月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ