Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ストレスにより男の子を授かる可能性が下がる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ストレスにより男の子を授かる可能性が下がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
身体的・精神的ストレスによる影響
コロンビア大学医学大学院の研究チームは、「the Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」にて、妊娠期の母親が受ける身体的・精神的ストレスが子供の性別に影響し、男の子を授かる可能性が低くなると発表した。また、妊娠期に身体的ストレスを受けていない母親と比べ、早産や妊娠合併症リスクは高まる。

これまで、妊娠期の母親のストレスは、胎児の成長・発達および誕生後の健康状態、早産など妊娠結果に悪影響を及ぼすと報告されてきた。

ストレス
性別への影響と早産・妊娠合併症リスクの向上
研究チームは、健康な妊娠期の女性187人(18~45歳)を対象にストレスに関するアンケート調査を実施し、ストレスが妊娠に与える影響を検証した。

ストレスは様々な形で現れ、27指標に基づいて身体的・精神的、日常生活上のストレスを評価した。調査結果より、身体的・精神的ストレスを経験した女性は、男の子を授かる可能性は低いと推測された。

ストレスは子宮、胎盤に否定的な影響を与える。一方、子宮は、胎児が成長するうえで、大きな影響をもち、重要な環境であるという。男児は悪い出生前環境により弱く、それゆえ、母親が受けるストレスが増すと男児での妊娠は成立せず、男児を産む可能性は下がると推測される。

また、妊娠期の母親が受ける身体的ストレスは、血圧とカロリー摂取量を上げる。妊娠期に身体的ストレスを受けていない母親と比べ、早産や妊娠合併症リスクは高まる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

COLUMBIA UNIVERSITY IRVING MEDICAL CENTER
Columbia University
https://www.cuimc.columbia.edu/

Amazon.co.jp : ストレス に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->