Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

父親の食事が子供の心臓に長期的な影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























父親の食事が子供の心臓に長期的な影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
タンパク質不足と精子の質
ノッティンガム大学医学部の研究チームは、「The Journal of Physiology」にて、父親が摂る食事内容が、子供の心臓の健康に対して、長期に亘って影響すると発表した。

父親の食事にタンパク質が不足すると精子の質に悪影響を及ぼし、結果、子供の循環器系疾患に長期的な影響を与える。

タンパク質
父親の食事内容が子供の循環器に与える影響
研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、父親の食事内容が子供の循環器に与える影響を検証した。

これまで、妊娠期の母親の食事および健康状態は、胎児の成長・発達に大きな影響を与えることは立証され、成長した子供に心血管機能障害および代謝性疾患を生じさせる要因に成り得ると報告されている。しかしながら、父親の食事内容と子供の循環器に対する影響は研究の余地があった。

子作りを行う、少なくとも7週間前に、雄マウスに対してタンパク質が不足した食事(タンパク質量7%)を与えたところ、健康的な食事(タンパク質量18%)を摂ったマウスと比べ、精子の質は低下し、子供の血管機能が損なわれた。

タンパク質不足により精子の遺伝情報および精漿(せいしょう:精子の液体成分)の構成は変わり、胎児の血管形成を変異させ、心血管機能に悪影響を及ぼした。また、今回、研究を通して、精漿が子供の循環器に影響を与えることが判明した。

研究チームは、卵子と精子の受精に伴い、精子から伝達される父親の遺伝情報の質が子供の健康に大きく関与し、受精卵は精漿で刺激された母体の子宮環境にて成長すると考える。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

University of Nottingham
https://www.nottingham.ac.uk/news/sperm-and-heart-health

Amazon.co.jp : タンパク質 に関連する商品



  • 妊娠中のマンガン増加によって子癇前症リスクを軽減できる(7月15日)
  • 過去20年間で体外受精児の脳性麻痺リスクが半減した(7月15日)
  • 妊活カウンセラーが教える「卵子凍結の前にやるべきこと」とは?(7月15日)
  • 近い未来に非侵襲的な卵巣予備機能検査が可能になる(7月14日)
  • 【無料】「michi kake」がオンラインイベントを開催(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->