Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の飲酒は少量であっても子供の健康に悪影響を及ぼす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の飲酒は少量であっても子供の健康に悪影響を及ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期の飲酒に伴うリスク
クイーンズランド大学の研究チームは、「The Journal of Physiology」にて、ラットを用いた動物モデル実験より、妊娠期における飲酒は、少量(グラス1、2杯程度)であっても、子供の健康に悪影響を及ぼすと発表した。

妊娠期の母親のアルコール摂取は、インスリン抵抗性(インスリンの効き具合)を引き起こし、子供の2型糖尿病リスクを高める。膵臓のインスリン分泌機能は低下し、糖新生が抑制できず、血糖値は下がりにくくなる。血糖値は上昇し、2型糖尿病をまねく。

飲酒
妊娠期のアルコール摂取と胎児への影響
研究チームは、ラットを用いた動物モデル実験を行い、妊娠2日目のラットにアルコールを摂取させた。

頻度・量は僅かであっても、妊娠期の母親が飲酒し、子ラットがアルコールに晒された場合、雄の子ラットは、生後約6ヶ月に糖尿病の兆候が確認された。母ラットの血中アルコール濃度が0.05%に達すると、雄の子ラットは、インスリン値が正常な血糖値を保つ値より上昇し、糖尿病と近い状態となった。

また、胎盤のストレス適応性は、子供の性別によって異なる。それゆえ、アルコール曝露がインスリン抵抗性に対して与える影響は、子の性別にて違いが生じ、雄の子ラットのみに認められた。

研究チームは、例えば、結婚式など特別な日のみ、少量(グラス1、2杯)の飲酒に限っても、妊娠期のアルコール摂取は胎児、特に男児の場合、悪影響を及ぼすと結論付けている。

(画像はThe Physiological Societyより)


外部リンク

The Physiological Society
https://www.physoc.org/

WILEY
https://physoc.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1113/


Amazon.co.jp : 飲酒 に関連する商品



  • 妊活カウンセラーが教える「卵子凍結の前にやるべきこと」とは?(7月15日)
  • 近い未来に非侵襲的な卵巣予備機能検査が可能になる(7月14日)
  • 【無料】「michi kake」がオンラインイベントを開催(7月13日)
  • クリニック選びが変わる!「婦人科ラボ」が始動(7月11日)
  • 子癇前症の新しいバイオマーカー2種が発見される(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->