Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期のストレスは産後鬱に関係がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期のストレスは産後鬱に関係がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳と産後鬱
10月19日、オハイオ州立大学の研究チームは、「SFN 2019 第49回ニューロサイエンス会議」にて、動物モデル実験を行い、妊娠期のストレスにより、脳の免疫システムが活性化すると発表した。

通常の妊娠では、身体および脳の免疫システムは抑制され、脳のストレス応答は認められない。しかしながら、妊娠期の慢性的ストレスは、脳にて免疫応答を引き起こし、脳機能が変化する可能性を高める。脳機能の変化は産後鬱に関与する。

産後鬱
ストレスが免疫システムに与える影響
研究チームは、ラットを用いた動物モデル実験を行い、妊娠期のラットを慢性的ストレスに晒し、鬱状態を作り出した。妊娠期の慢性的ストレスは、産後鬱の一般的な予測因子であり、極度の悲しみ・不安・疲労状態にて特徴付けられる。

研究チームは、ストレスに応答する脳の免疫細胞が産後鬱に関与すると推測する。ストレスは、炎症がもつ有害な影響から身体的を保護するため、免疫応答を促進させる炎症を引き起こす。

ストレスを受けたラットは、脳のミクログリア(小膠細胞)にて、多数の炎症誘発性化合物が認められ、免疫細胞の数は増加し、一次免疫応答の活動レベルは高まった。ミクログリアは脳細胞に影響を与え、神経炎症が現れ、免疫応答が不活性になった。

正常な妊娠であっても、妊娠期にストレスが積み重なることにより、妊娠期に起こるべき免疫抑制・拒否反応の抑制が起こらない。免疫の変化が、脳にて鬱状態の影響を受けやすい環境を作り出す。

一方、ストレスを受けていない妊娠中のラットでは、妊娠期を通して、身体および脳における免疫システムに通常の抑制が保たれた。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

OSU.EDU
https://news.osu.edu/


Amazon.co.jp : 産後鬱 に関連する商品



  • 産婦人科専門医が教える「不妊外来」の選びかた(12月10日)
  • 早産は超音波検査にて早期に発見できる(12月10日)
  • 風邪ウイルスは胎児の健康に影響を与える(12月10日)
  • 「助成制度」の申請方法が変わった場合の対処法(12月8日)
  • 「人工卵管法」のトライアル結果が公開される(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->