Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期において無煙タバコの使用は子供の高血圧リスクを高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期において無煙タバコの使用は子供の高血圧リスクを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期における喫煙の危険性
アメリカ心臓協会(米国心臓協会)は、「Journal of the American Heart Association」にて、妊娠期の母親が嗅ぎタバコ「スヌース」を使用した場合、胎児の健康に悪影響を及ぼし、子供の高血圧リスクを高めると発表した。

妊娠期の母親がスヌースを使用すると、ニコチンは胎盤を容易に通り抜け、胎児まで到達する。胎児はニコチンに晒され、子供の健康に悪影響を及ぼし、5~6歳における収縮期血圧(最高血圧)が高くなると報告された。

スヌースは、スウェーデンで生まれた嗅ぎタバコである。歯茎と上唇の間にタバコ葉入りの小袋を挟み、唾液によってタバコ葉からニコチンが染み出す。ニコチンを含む唾液を飲み込むことでニコチンが摂取できる。燃やさない、加熱しないタバコであり、煙・蒸気も出ず、臭気もない。日本では数種類の扱いがある。

ニコチン
妊娠期における喫煙と子供の健康影響
研究チームは、妊娠期に喫煙していた母親を含む母子を対象に、妊娠期における喫煙と子供の健康影響を検証した。先行研究では、妊娠期の母親が喫煙していた場合、早産、低出産体重児、死産を含む悪影響は持続すると報告されている。

子供(5~6歳)の血圧・心拍数を測定したところ、母親が妊娠期に喫煙していた場合、妊娠期に喫煙していなかった母親の子供に比べ、最高血圧が4.2mmHg高くなった。

研究チームは、スヌース、タバコ・巻きタバコなどに関わらず、妊娠期の母親がニコチンを摂取することにより、胎児はニコチンに晒され、健康に否定的な影響を与えると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

American Heart Association
https://newsroom.heart.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : ニコチン に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->