Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「男性の妊活に関する意識・実態調査」が公開される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「男性の妊活に関する意識・実態調査」が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
20代から40代の男性1444人に調査
株式会社リクルートライフスタイルが運営する「Seem(シーム)」が「男性の妊活に関する意識・実態調査」を実施。2019年10月4日付けのプレスリリースで結果を公開した。

リクルート
調査は2019年9月10日から12日にかけてインターネット上で実施。妊活(※)に取り組んだことのある既婚男性1444人(25歳から49歳)を対象に行われた。

6割近くの男性が、妊活で後悔している
妊活期間中に取り組んだことについての質問では「パートナーの排卵日に合わせて性行為をする」という回答が最多(70.8パーセント)。

リクルート
次いで「妊活について、パートナーと話し合う」(55.7パーセント)「健康的な生活をする」(38.6パーセント)という結果となった。

一方、取り組んでおけばよかったと思うことについての質問では「健康的な生活をする」が最多(23.9パーセント)。そのほか「ストレスを溜めないようにする」「精子に悪いとされる生活習慣を控える」など、日々の生活の中でできる取り組みを回答する人が多かった。

妊活で後悔していることがあるという人は 59.7パーセント。具体的な後悔の内容は「もっと早い時期から、パートナーと妊活に取り組んでおけばよかった」が最多(62.9パーセント)という結果となった。


※妊娠を目的に意識的に取った行動すべて(病院での検査、不妊治療、生活習慣の見直しなど)のこと


(画像は株式会社リクルートライフスタイル公式ホームページより)
(画像はSeem公式ホームページより)


外部リンク

株式会社リクルートライフスタイルのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社リクルートライフスタイル公式ホームページ
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/

Seem公式ホームページ
https://seem.life


Amazon.co.jp : リクルート に関連する商品



  • 卵子の役割が新たに発見される(11月21日)
  • 母親が抱く妊娠関連の不安は乳児の脳機能に影響する(11月19日)
  • 経営者・人事労務担当者向け「働く女性の健康セミナー」が開催(11月18日)
  • 妊活専門施設が「災害用備蓄食セット」を発売(11月17日)
  • 妊娠期のビタミンB12欠乏は代謝異常の要因になる(11月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->