Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

医師が教える「不妊治療」検討のタイミング

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























医師が教える「不妊治療」検討のタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
35歳以上の女性は3ヶ月で決断を
株式会社ベネッセホールディングスが運営する「たまひよ」が、齊藤英和先生(国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター不妊診療科医長)に取材した記事を2019年9月11日に公開した。

排卵
記事のタイトルは「女性が35歳以上なら3ヶ月妊娠しなければ、不妊治療を考え始めたほうがいい事実」。はじめて不妊治療をする人たちに向けた内容となっている。

排卵
記事では、通院治療をスタートする前に自分で排卵のタイミングをはかり、排卵日のころに性交渉をしてみることをすすめている。排卵のタイミングをはかる方法としては「基礎体温をつける」「排卵チェッカーを使う」

この方法を6周期(約半年)続けても妊娠しない場合はクリニックの受診を検討すべき。ただし女性が35歳以上の場合は3周期(約3ヶ月)で受診することをすすめている。

妊活から育児までをサポート
「たまひよ」は妊活、妊娠・出産、育児に関する情報を配信する情報サイト。無料で閲覧できるコラム記事やコミックエッセイを多数配信しており、産婦人科クリニックの検索も可能となっている。

「妊活」カテゴリでは妊活の基礎から体験談、妊活にかかわるお金のことなど多彩なテーマで情報を配信。男性妊活に関する記事も多数配信されている。

(画像はたまひよより)
(画像は国立成育医療研究センター公式サイトより)


外部リンク

たまひよ
https://st.benesse.ne.jp

国立成育医療研究センター公式サイト
https://www.ncchd.go.jp


Amazon.co.jp : 排卵 に関連する商品



  • イギリスの国民保険サービスが新たな妊娠アプリをリリースする(10月14日)
  • 不妊治療の「負担」買い取ります(10月13日)
  • リコピンは精子の質を改善する(10月13日)
  • 不妊治療における、男女それぞれのつらさ(10月12日)
  • 「男性の妊活に関する意識・実態調査」が公開される(10月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->