Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

早産児は脳の構造・機能を損なうリスクが高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























早産児は脳の構造・機能を損なうリスクが高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
早産児が抱えるリスク
オレゴン健康科学大学(OHSU)の研究チームは、「Journal of Neuroscience」にて、早産児は、脳の発達が未熟なまま誕生するゆえ、呼吸運動の調整ができず、脳が低酸素状態に陥り、脆弱性が高まると発表した。

早産は、妊娠37週未満の出産と定義される。早産児は在胎期間が短く、脳の呼吸中枢が未熟なまま誕生する。呼吸中枢は酸素を吸い込み、二酸化炭素を排出する呼吸運動を調整するが、呼吸中枢の発達が未熟であると呼吸運動の指示が出されず、結果的に脳が低酸素状態に陥る。

早産
学習・記憶・注意・行動面に対する長期に亘る影響
研究チームによると、脳の低酸素状態が最低でも30分間続いた場合、脳の海馬は、構造・機能が破壊され、学習や記憶に大きな影響を受けるといわれる。

OHSUドーレンベッカー・チルドレンズホスピタルの新生児集中治療室(NICU)では、これまで600人以上の早産児をケアしてきたが、早産児のうち約3分の1は満期産児と比べて脳細胞が損失し、脳が小さいことが認められた。

脳細胞の損失や脳の縮小は、学習、記憶、注意、行動において悪影響を及ぼし、影響は長期に亘る。それゆえ、今回の研究において、早産児は、脳の発達が未熟であることより脳内が低酸素状態・酸素欠乏、血流不足になる傾向にあり、脳構造・機能に大きなダメージを受けるリスクが高まると報告された。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

OHSU
https://news.ohsu.edu/


Amazon.co.jp : 早産 に関連する商品



  • 妊娠タイミングを選択できる可能性が広がる(9月20日)
  • 働きながら「人工授精」をする際の注意点(9月20日)
  • 妊活中の「親戚トラブル」対処法教えます(9月20日)
  • 「大学病院」の研究チームによる連載がスタート(9月20日)
  • オピオイド鎮痛剤は男性のテストステロン量を減少させる(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->