Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

株式会社エムティーアイが「ランチョンセミナー」の内容を公開

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























株式会社エムティーアイが「ランチョンセミナー」の内容を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
医師、培養士、看護師を中心に約200名が参加
健康情報サービス「ルナルナ」を運営する株式会社エムティーアイが、ナノキャリア株式会社と共催したランチョンセミナー「生殖医療と患者支援の最前線」の内容を2019年9月2日付けのプレスリリースで公開した。

ランチョンセミナー
「生殖医療と患者支援の最前線」は、2019年8月1日に開催された「第37回 日本受精着床学会総会・学術講演会」で実施。「Reproductive Diversity:生殖の多様性を探求する」をメインテーマに、山王病院の堤治院長が座長を担当している。

最新の不妊治療の事例を紹介
セミナー第1部は、久須美真紀先生(医療法人財団順和会山王病院 リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター副部長)による「難治性不妊に対するPRP療法の実際と成果」についての講演。

ランチョンセミナー
血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用する再生医療の一種であるPRP療法は、不妊治療においても注目されているが、講演ではPRP(多血小板血漿)の作成および投与の様子を動画で紹介。PRP療法にる子宮内膜への影響についての詳細な説明も行われた。

ランチョンセミナー
第2部は医療法人鉄蕉会 亀田IVFクリニック幕張の川井清考院長による「不妊治療に特化した患者向けアプリの開発とその実際」。

ランチョンセミナー
スマートフォンでの月経周期や排卵日予測、基礎体温の記録・管理が身近になってきている現状の説明と、医療者側がアプリを活用することで個人のニーズや状況に寄り添った治療の提供が可能となるといった展望が語られた。

セミナーで実施されたアンケートでは、参加者の約9割がアプリによって患者の治療への理解は深まると感じたと回答している。

(画像は株式会社エムティーアイのプレスリリースより)


外部リンク

株式会社エムティーアイのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社エムティーアイ公式サイト
http://www.mti.co.jp

第37回 日本受精着床学会総会・学術講演会公式サイト
http://jsfi37.umin


Amazon.co.jp : ランチョンセミナー に関連する商品



  • イギリスの国民保険サービスが新たな妊娠アプリをリリースする(10月14日)
  • 不妊治療の「負担」買い取ります(10月13日)
  • リコピンは精子の質を改善する(10月13日)
  • 不妊治療における、男女それぞれのつらさ(10月12日)
  • 「男性の妊活に関する意識・実態調査」が公開される(10月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->