Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

アイルランドで国内初の着床前スクリーニングによる妊娠

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























アイルランドで国内初の着床前スクリーニングによる妊娠

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイルランドで初めての承認された着床前診断による妊娠
アイルランドのコーク不妊治療センターで、着床前に受精卵の遺伝子検査を行う、着床前診断(PGD)と着床前スクリーニング(PGS)を行った妊娠が、国内で初めて発表された。

コーク不妊治療センターは、国内にある2つの不妊治療クリニックの1つで、着床前診断と着床前スクリーニングを行っている。治療費用は9,800ユーロで、体外受精と受精卵の組織検査が含まれる。

センターの主席研究員のTim Dineen医師によると、この女性は嚢胞性線維症(CF症)遺伝子保因者で、また男性パートナーも嚢胞性線維症に罹患しており、2人に1人の可能性で子供が嚢胞性線維症を発症するリスクがあった。

センターの研究開発代表、Xiao Zhang医師の説明によると、この夫婦の場合では、嚢胞性線維症遺伝子に罹患していないと診断された受精卵が1つ、女性の体内に戻された。

着床前スクリーニング
また1つ着床前診断を受けられる国が増えた
アイルランドでは嚢胞性線維症は最も多く見られる遺伝子疾患で、19人に1人がこの遺伝子を持っており、夫婦が共に保因者の場合、4分の1の確率で子供は嚢胞性線維症を発症する。

Xiao Zhang医師は、着床前診断と着床前スクリーニングを、海外で受ける費用やストレスなく、国内で受けることが可能になったことを述べ、この実績がアイルランドの不妊治療において、重要な出来事だとして称賛した。


外部リンク

The Irish Times
http://www.irishtimes.com/
Amazon.co.jp : 着床前スクリーニング に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ