Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ルイボスティーの摂取と生殖系の機能の関係(ラット)ー南アフリカの研究から

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ルイボスティーの摂取と生殖系の機能の関係(ラット)ー南アフリカの研究から

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルイボスティー
ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶で、ノンカフェインであるため、妊婦や授乳中の女性に大変人気が集まっているお茶です

ルイボスティー
(画像はイメージです)

ルイボスティーは抗酸化作用が強いことで知られており、それが精子の機能を改善することが出来るのではないかと言われていました。

そこで2013年に「Andrologia」に発表された南アフリカの研究では、雄のラットを使って2%、または5%のルイボスティーを摂取させたそうです。

ルイボスティーと精子の機能
その結果、生殖系の臓器の重さ、血清中の抗酸化作用、テストステロンのレベルには変化はありませんでした。

そして精子の濃度、生命力、動きを明らかに向上させたとのことです。

発酵させたルイボスティーは更に精子の生命力が増しましたが、自発的な先体反応(妊娠しにくくなる可能性がある)も高まりました。

結論として
ルイボスティーの摂取は強い抗酸化作用によって精子濃度、生命力、動きを向上しましたが、長期の摂取は生殖系に変化を起こし、妊娠しにくくなる可能性がある上、大量の摂取は肝臓や腎臓の機能に異常を起こす可能性があると筆者らは結論づけています。

編集部 C-NZ


外部リンク

In vivo effects of Aspalathus linearis (rooibos) on male rat reproductive functions
http://onlinelibrary.wiley.com/

Amazon.co.jp : ルイボスティー に関連する商品
  • 人間の場合、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与する(3月2日)
  • 妊娠期の食事内容は子供の肥満リスクに影響する(3月1日)
  • 「Daylily Healthology」が妊活サプリを発売(2月28日)
  • 外食にも対応!クリニック院長監修の「妊活レシピ」本が刊行(2月28日)
  • 選択的卵子凍結は将来性のある選択肢となる(2月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ