Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

検査目的・精度を正しく理解したうえで、家庭用の受胎能検査キットを利用する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























検査目的・精度を正しく理解したうえで、家庭用の受胎能検査キットを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加
検査目的・精度を正しく理解する必要性
ペンシルベニア大学医学部の研究チームは、「Social Science and Medicine」にて、市販の受胎能検査が、利用者に対して、混乱あるいは誤解を与える可能性を指摘した。

女性向けの受胎能検査キットは、家族計画にとって影響力のある家庭用検査キットと評価されるが、一方、検査結果より混乱や誤解を与えるとの見解もあるという。それゆえ、利用に伴い、検査目的や検査結果の正確性・精度を十分に理解したうえで、家庭用の受胎能検査キットを利用する必要があると強調する。

検査キット
小規模グループを対象にしたエスノグラフィックリサーチ
近年、低価格な家庭用検査キットが広く普及し、自宅にて手軽に受胎能および不妊をチェックできるようになった。

例えば、AMH検査では、自宅にて、発育過程の卵胞から分泌されるホルモン「アンチミューラリアンホルモン(抗ミュラー管ホルモン)」の分泌量を測定し、卵胞の大きさ、卵巣予備能(卵巣機能の潜在的な予備力)を評価できる。

家庭用検査キットに対する興味・関心は増加傾向にあるが、先行研究では、健康かつ不妊症歴のない女性であっても、検査キットの活用により、必ずしも自然妊娠に至る訳ではないと報告されている。

今回、研究チームは、初の試みとして、2018年に米シカゴで、人種・民族、社会的地位、性的指向、年齢の異なる男女21人を対象にエスノグラフィックリサーチ(民族誌学的アプローチによる調査)を実施した。

調査結果より、家庭用の受胎能検査キットは、あくまでも受精率を予測するエントリーポイント(入口)に過ぎず、自然妊娠が成立すると確約するものではないと強調する。

(画像はPenn Medicineより)


外部リンク

Penn Medicine
https://www.pennmedicine.org/

Amazon.co.jp : 検査キット に関連する商品
  • 胚の神経系が正常に発達するうえでビタミンEは不可欠である(9月29日)
  • AIシステムによって体外受精の着床率が向上する(9月26日)
  • 第11回「クスッと笑える夫婦川柳」が作品を募集中(9月25日)
  • 腺筋腫型の子宮腺筋症は原発性不妊症と極めて強い関連性がある(9月25日)
  • 「北九州市」は医療が身近な街であるという調査結果が公開される(9月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ