Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の運動は胎児の骨を強くする

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の運動は胎児の骨を強くする

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期における運動の重要性
7月4日、ノルウェー科学技術大学(NTNU)は、「BMC Pregnancy and Childbirth」にて、妊娠期の母親が運動することにより、ビタミンD量が増加し、胎児の骨密度を強化すると発表した。

妊娠期の運動とビタミンD量には相関関係が認められ、運動量に伴い、ビタミンD生産量は増える。妊娠期の母親が運動を通してビタミンD量を増やすことは、腸でのカルシウム吸収を高め、胎児の骨形成を促すという。

運動
ビタミンDの重要性
体内に摂取されたビタミンDを腸が吸収するうえで、ビタミンDは重要な要素である。ビタミンDにより腸でのカルシウム吸収が促進される。妊娠期では、母親に加えて胎児の骨形成において、より多くのカルシウムが必要になる。

それゆえ、妊娠期の母親が運動を行い、ビタミンD量を増加させることにより、腸でのカルシウム吸収は高まり、胎児の骨形成を促す。

一方、妊娠期の母親がビタミンD不足・欠乏である場合、母子ともに骨形成に否定的影響を及ぼす。また、骨形成への否定的影響に加えて、妊娠糖尿病、低出産体重の要因に成り得る。

例えば、日常生活において、日光浴、屋外活動は、歩く時間が1時間以下あるいは同等の運動量である場合と比べ、ビタミンD生産量が15%増になるといわれる。

研究チームは、運動量とビタミンD生産量の関係性は完全に解明されておらず、また、妊娠状態では運動量に伴うビタミンD生産量は異なるが、妊娠期において運動は重要であると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Norwegian Scitech News
https://norwegianscitechnews.com/


Amazon.co.jp : 運動 に関連する商品



  • 産婦人科専門医が教える「不妊外来」の選びかた(12月10日)
  • 早産は超音波検査にて早期に発見できる(12月10日)
  • 風邪ウイルスは胎児の健康に影響を与える(12月10日)
  • 「助成制度」の申請方法が変わった場合の対処法(12月8日)
  • 「人工卵管法」のトライアル結果が公開される(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->