Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「妊活」を描く作品が収録された書籍が刊行

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「妊活」を描く作品が収録された書籍が刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
数々の受賞歴を誇る作家の最新作
株式会社KADOKAWAが、2019年6月28日に、妊活を扱った小説が収録された書籍「いるいないみらい」(1400円)を刊行した(電子書籍版も同時配信)。

窪美澄
「いるいないみらい」は、2016年から2018年にかけて「小説 野性時代」に掲載された小説をまとめた短編集。

窪美澄
著者の窪美澄(くぼ みすみ)さんは2009に年「ミクマリ」でデビュー。2011年に「ふがいない僕は空を見た」で第24回山本周五郎賞・本屋大賞第2位を受賞、2012年には「晴天の迷いクジラ」で第3回山田風太郎賞を受賞している。

窪美澄
また、2019年3月に刊行された「トリニティ」は第161回直木賞候補となっている。

共感度120パーセント!切なくもあたたかな物語
「いるいないみらい」は「1DKとメロンパン」「無花果のレジデンス」「私は子どもが大嫌い」「ほおずきを鳴らす」「金木犀のベランダ」の5作を収録。

このうち「無花果のレジデンス」が、妊活をはじめて4か月が過ぎ焦っている女性が登場する物語となっている。

「KADOKAWAアプリ」では「いるいないみらい」の刊行を記念して、窪美澄さんのサイン入りグッズが当たるプレゼントキャンペーンを開催している(2019年7月31日まで)。

※書籍の価格は税別。

(画像は株式会社KADOKAWAのプレスリリースより)


外部リンク

株式会社KADOKAWAのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社KADOKAWA公式ホームページ
https://www.kadokawa.co.jp


Amazon.co.jp : 窪美澄 に関連する商品



  • 生活習慣で「妊娠しやすい体」はつくれる!(8月18日)
  • 「第三者」が関わる生殖医療についての記事が公開される(8月17日)
  • 「タイミング法」について不妊カウンセラーが解説(8月16日)
  • 治療用ゲルにより癒着による女性不妊が治療できる(8月14日)
  • 「NPO法人Fine」が9月のカウンセリング日程を公表(8月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->